※PDF版をご覧になるには、AdobeReaderが必要となります。こちらからダウンロードして下さい。

 

環境マネジメント


エコロジー推進委員会

 近年の地球環境に対する問題意識の高まりを受け、より環境にやさしい企業を目指すことが当社の社会的責任であるという認識のもと、2004年4月に社長を委員長とした「エコロジー推進委員会」を設置しました。下記のとおり基本理念と行動指針を制定し、環境問題に対して全社的に取り組んでいます。
委 員 長   社長
副委員長  総合企画本部長、鉄道事業本部長
委   員   監査室長、広報室長、総務部長、財務部長、安全推進室長
        お客様サービス推進室長、営業部長、運輸部長、工務部長、事業開発部長
基本理念

JR四国グループは、環境保全に積極的な姿勢で取り組み、持続的発展が可能な社会の実現に貢献します 。


行動指針

私たちは、常に環境保全を意識して行動し、地域社会への貢献に努めます。

  1. エネルギー消費の削減を図り、環境に配慮した技術開発や創意工夫に努めます。
  2. 廃棄物の削減とリサイクルの推進を図り、資源の適正かつ有効な活用に努めます。
  3. 環境に優しい鉄道を安心して快適にご利用いただくため、安全安定輸送を第一に、よりよいサービスの提供を目指します。

環境専門部会

 エコロジー推進委員会には、専門部会として環境管理専門部会と環境技術専門部会を設置しています。主な検討項目は以下のとおりです。

部会 委員 主な検討項目
環境管理
専門部会
  • 主査   総合企画本部長
  • 事務局 総合企画本部
  • 環境に関する目標、計画の策定
  • 事務所における省資源化の推進
  • 駅及び列車のゴミ削減及びリサイクル推進
  • 社内啓蒙、社員教育、職場活動等の推進
  • 環境ボランティア活動、広報活動、環境報告書等
  • 利用促進施策に対する評価・とりまとめ
環境技術
専門部会
  • 主査   運輸部長
          工務部長
  • 事務局 運輸部運転課
          工務部保線課
  • エネルギー消費削減、省エネ技術の開発
  • 車両運用の効率化
  • 環境汚染物質の適正な管理及び削減の推進
  • 事業廃棄物の削減及び再資源化
  • 省資源製品の使用拡大
  • 沿線地域の環境保全(騒音、振動の低減等)