54cc80bc38d5a3322858d742_mainimage.png
安全の先にある安心をお届けするために
四国に広がる鉄道ネットワーク
「安全の確保」が事業運営の根幹であり、すべてに優先する最重要課題であるとの認識のもと、すべてのお客さまに安心してご利用いただける鉄道を目指して、輸送の安全の維持・向上に取り組んでいます。
 例えば、線路・車両の設備を常に健全な状態に維持するために、365日・24時間体制で保全作業や保守点検を行っているほか、全社員を対象に、安全に対する意識、責任の重さ、的確な判断力を指導するなど安全教育を徹底しています。
 また、安全に関する設備投資についても、踏切の安全性向上対策、落石や土砂崩壊などの防災対策、ロングレール化やPCマクラギ化などの軌道強化、老朽化した車両や設備の維持・更新などを計画的に行っています。
photo
photo
お客様に選んでいただき、喜んでいただくために
photo
四国に広がる鉄道ネットワーク
「安全」「安定」さらに「安心」できる輸送の確保を前提に、お客さまから選んでいただける「より安心、より便利、より快適」な交通機関を目指しています。昭和62年4月の会社発足以来、高速化による都市間移動の時間短縮を目指して車両の新製、列車本数の増加を進めるとともに、乗り心地の向上や接続改善など、鉄道ネットワークのポテンシャルを高めてきました。また、環境対応型エンジンを搭載した車両の導入など、より環境負荷が少なく効率が良い鉄道運営を目指しています。
photo
お客さまに優しい駅を目指して
JR四国の管内には259の駅があります。それぞれの地域の顔として、地元自治体等のご協力をいただきながら、バリアフリー設備などのハード面の整備を進めています。また、ソフト面でも、高齢のお客さまやお体の不自由なお客さまが安心してご利用いただけるよう、歩行の補助や車イスの操作などをお手伝いさせていただく「サービス介助士」の資格取得を推進しています。
photo
快適で楽しい旅のご提案
「鉄道」という商品の魅力を高め、移動時間を快適にお過ごしいただくために、小さなお子さまが靴を脱いで遊べる「プレイルーム」の設備を備えた列車や、車窓の風景と車内で提供される料理をセットで楽しめる観光列車、雄大な自然や心地よい風を直接感じることができるトロッコ列車など、特長ある列車を運転しています。
また、駅到着後の観光がより充実したものとなるように、観光素材の開発や二次アクセスの設定などにも積極的に取り組んでいます。
四国の魅力を高め、四国とともに光り輝く
「四国ブランド」のスポークスマンとして、四国の魅力を全国に発信するさまざまな取り組みを行っています。食、自然、文化、歴史といったその土地ならではの埋もれた魅力を地域の皆さまとともに発掘し、魅力を高め、全国に向けてPRすることで、鉄道利用の促進と、観光振興による地域の活性化に寄与しています。
また、鉄道事業に限らず、バス、ホテル、物販などJR四国グループが手がける幅広い分野の事業を通して地域と連携し、地域資源や地域産業の活性化に貢献しています。
こうした活動を積み重ね、お客さまや地域から一層信頼され、必要とされる企業グループであり続けられるように取り組んでいきます。
photo