喜多賢治

入社を決めた理由

大学で学んだ土木工学を活かして
地元に貢献したかった。

父と兄が交通機関で働いていることもあり、以前から輸送機関には興味がありました。さらに、地元四国に残って働きたいという思いが強かったことから、大学で学んだ土木工学を活かして四国に貢献できる会社はJR四国だと思い、入社を決めました。

喜多賢治

現在の仕事内容

仕事を進めるうえで重要なのは
技術とコミュニケーション能力。

土木技術センターで四国内の橋梁・トンネルの詳細検査を担当しています。また、本四備讃線(瀬戸大橋線)の橋梁も担当しており、検査や修繕工事を通じて維持管理を行っています。仕事においては技術も大切ですが、検査等、チームで行う業務も多いため、普段から自分の考えを正しく相手に伝えるためのコミュニケーション能力を磨くように心掛けています。

喜多賢治

仕事の面白さ・やりがい

自分らしさを仕事に活かせたとき
大きな達成感とやりがいを感じる。

自分のアイデアや工夫を仕事に盛り込み、自分らしさを出せたときに、達成感とやりがい、面白さを感じます。過去に同じような事例があれば参考にはなりますが、全く同じ仕事は一つもありません。一つひとつの仕事に対して真摯に取り組む姿勢が、「責任」にも繋がると思います。

喜多賢治

JR四国の魅力

家族のような親密さで
チームワークを発揮できる。

社員同士のコミュニケーションが密になっているため、仕事の連携がしっかり取れています。先輩や上司も優しく支えてくれるので、思い切りチャレンジできます。職場の中で、みんなが家族のような親しみを感じ、何か起きれば一致団結してチームワークを発揮する。そんな温かさにあふれた職場環境が魅力です。

喜多賢治

学生のみなさんへ

大きな将来像を追い求めるより
小さな今の自分を見てあげよう。

就職活動中は、自分が何をしたいかはっきりしない人も多いと思います。働きたい場所や自分が好きなことなど、何か1つでも心の琴線に触れるものがある企業に出会えたら、将来の目標などはその企業で仕事をする中で具体化されてくるものだと思います。今の自分自身をよく見てあげてください。

喜多賢治

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5