山本英里

入社を決めた理由

生まれ育った四国に貢献したい。

就職活動の際、「自分が生まれ育った四国の活性化に貢献したい」と考えていました。そのため四国4県と密接に関係し、その活性化に貢献しているJR四国を志望しました。JR四国では鉄道事業以外にも幅広い事業に携わることができるため、多角的に四国に貢献できるのではないかと思いました。

山本英里

現在の仕事内容

ものがたり列車の運行に向けた
準備と教育に携わっています。

2017年4月1日に運行を開始するJR四国では2つ目のものがたり列車「四国まんなか千年ものがたり」の運行準備、及びアテンダントの教育に携わっています。車内では事前予約制の食事の提供や車内販売、独自のおもてなしを検討しており、サービスの充実に向けハード、ソフト両面のサービスについての検討を日々行っています。

山本英里

仕事の面白さ・やりがい

前例の少ない業務を検討、
構成していくことがやりがいです。

前例の少ない観光列車事業の立ち上げに携わることは責任重大ですが、非常に面白くやりがいがあります。備品一つ購入するにあたっても「なぜこの商品を選んだのか」「他の商品とどう違うのか」と何度も自問自答し、打ち合わせを重ね、お客さまに喜んでいただける“ものがたり”を追求し業務に取り組んでいます。また、アテンダント業務は観光列車の肝となるソフト面でのサービスに直結するため、細やかな指導、訓練が実施できるよう綿密なアテンダント教育を計画しています。

山本英里

JR四国の魅力

一人ひとりの役割の大きさが
業務のやりがいにつながります。

JR四国はJR旅客6社の中で規模が一番小さいため、一人ひとりの役割が非常に大きく、重要です。それぞれの所属のプロフェッショナルとして業務に取り組み、新たな事業の展開や、部外との折衝など、若手でも重要な仕事を任される機会が多いです。その分やりがいもあり、自分の新たな可能性を見つけることもできると思います。

山本英里

学生のみなさんへ

今悩んでいることが
将来の財産になると思います。

就職活動中の皆さんは今後、今までの人生より長い時間を社会人として過ごされることだと思います。その長い時間を費やす「やりたいこと」や「なりたい姿」を短い時間の中で見極めるのは大変なことですが、その悩んだ時間が今後の人生の貴重な財産になると思います。たくさん悩んで、納得できる選択ができるよう頑張ってください。

山本英里

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5