長瀬昭彦

入社を決めた理由

交通インフラに関わる仕事で
地域に貢献したかった。

生まれ育った四国に貢献できる仕事を志望していたからです。大学時代を都市部で過ごしていたので、交通インフラとしての鉄道の重要さを痛感して、鉄道会社で働きたいと思いました。また、メーカーよりも挑戦できる仕事フィールドが広いと感じて、入社を決めました。

長瀬昭彦

現在の仕事内容

ダイヤ改正に関わる
旅客輸送計画を担当しています。

私の担当業務は旅客輸送計画です。お客さまのご利用状況をベースに、列車の新規設定、接続改善、特急の停車駅の見直し等の利便性向上施策を検討したり、特急列車の編成見直しなどを行い、それをダイヤ改正に反映させています。また、将来の輸送体系はどうあるべきかなど、中長期的な輸送計画の検討も行っています。

長瀬昭彦

仕事の面白さ・やりがい

自分の考えた施策がダイヤに反映されて
お客さまの満足に繋がること。

自分の考えた施策がダイヤに反映されて、多くのお客さまの利便性向上に繋がったときに、楽しさや喜びを感じます。今後は他のJR各社や民間鉄道会社、外国の鉄道の輸送計画を勉強し、知識の幅を増やしたいと考えています。また、旅客流動についての分析力を深めることも目標です。

長瀬昭彦

JR四国の魅力

誰もが自分の意見を言える
風通しのいい組織風土。

年齢や役職に関わらず、誰もが自分の考えや意見を言える風通しの良い社風は、とても良いところだと思います。社内でコミュニケーションの壁を感じたことはありません。職場の人間関係も良く、休日には同年代の社員が集まってスポーツや旅行を楽しむこともあります。

長瀬昭彦

学生のみなさんへ

自分の「思い」を大切にして
まず自分自身を信じること。

どの会社を選び、どう働くにしても、自分の「思い」を大切にして、自分自身を信じて頑張って下さい。そうすれば、きっと道が開けます。

長瀬昭彦

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5