ご利用に役立つ機能

チャージ機(入金機)では、ICOCAのご利用履歴(明細)を印字することができます。

チャージ機右上のカードホルダーにICOCAをセットしてください。

「履歴印字」ボタンを押してください。

ご利用明細が発券されます。

ご利用履歴の印字・確認の際の注意事項

ご利用履歴は、直近のご利用分(定期券区間内の乗降のご利用は除きます)を
最大20件まで印字することができます。
20件を超えるご利用分をご希望の場合は、高松駅・端岡駅・坂出駅・宇多津駅・丸亀駅・多度津駅の改札口係員にお申し出ください。(最大50件までの印字が可能です。)
SMART ICOCAは、携帯電話やパソコンでご利用履歴を確認することもできます。
(履歴の反映にはご利用から数日かかります。)
※自動改札機にしっかりタッチしていない場合など、一部印字できない場合もあります。
※交通系ICカード全国相互利用他社でご利用される場合、他社利用の履歴についてはご利用の駅名が印字(表示)されないことがあります。
※ご利用された日から26週間以上経過した履歴は、印字(表示)されません。

ICOCAの払いもどし

カードの残額が1,000円以下になった場合、自動改札機ご利用時に通常の案内音とは異なる音でお知らせします。

案内音/通常→「ピピッ」カード残額が1000円以下→ピピピッ

※残額不足等の場合は「ピー」、自動改札機がカードを読み取れない場合は「ピピピピピ」と音が鳴ります。
※“ICOCA定期券”で定期券区間外の駅の自動改札機をご利用の場合は「ピピッ」と音が鳴ります。