ホーム 旅のご案内
日本の良さを見つけ出す特別なひとときを。

運行区間の香川県多度津駅から徳島県大歩危駅は、四国山地を横断する土讃線の中間で、地理的にも四国のまんなかあたりに位置します。沿線には、弘法大師の生誕地善通寺や古くから海の神様として信仰を集める金刀比羅宮(こんぴらさん)、平家落人の秘話や伝説が今なお残る秘境祖谷(いや)地方など千年を超える歴史的な文化や景観が残されています。

それぞれの目的地をイメージして愛称をつけた「そらの郷(さと)紀行」と「しあわせの郷紀行」についてご紹介します。

路線図 「そらの郷紀行」列車写真
そらの郷紀行

香川県多度津駅から徳島県大歩危駅に向かう下り列車は、緑色が先頭車両の「そらの郷紀行」です。

徳島県の人々は自分たちの住んでいる地域より高い所を「そら」と言い、徳島県西部の険しい山岳、その山とともにある集落、人々の暮らしがいつしか「そらの郷」と呼ばれるようになりました。このことから、「そらの郷」へと向かう列車の愛称を「そらの郷紀行」と名付けました。

JR四国の前身、讃岐鉄道発祥の地、多度津を出発した列車は、右手に五岳山(ごがくさん)、左手におむすびのような形をした飯野山(いいのやま)を眺めながら、弘法大師空海の生誕地善通寺へと向かいます。善通寺からおよそ5分でこんぴらさんの名で親しまれている金刀比羅宮の玄関口、琴平に到着します。琴平では四国まんなか千年ものがたり専用待合室でウェルカムドリンク(※)のサービスがあります。琴平を出発すると、事前予約のお客さまにはレストラン神椿シェフ特製の「さぬきこだわり素材の洋風料理」をお届けします。讃岐山脈を越え、秘境坪尻駅では列車のスイッチバックを体験後、四国第二の大河、吉野川に沿ってさかのぼり、渓谷美で有名な小歩危、大歩危峡を眼下に、そらの郷とともに秘境祖谷への入り口大歩危まで約2時間30分の旅です。
※事前予約制のお食事券をお持ちのお客様が対象です。

旅程

香川県多度津駅から徳島県大歩危駅の区間を1日1往復運行いたします。乗車は多度津駅、善通寺駅、琴平駅のみ、下車は大歩危駅のみ可能です。

旅程
乗車料金

ご乗車の際は乗車券の他、特急券とグリーン券が必要です。全国のみどりの窓口及び主な旅行会社にてお買い求めください。車内でのお食事をご希望のお客様は、別途「食事予約券」のご購入が必要です。

乗車料金
( )内はこども料金となります。こどもは6歳~12歳未満(ただし、6歳でも小学校入学前は「幼児」、12歳でも小学生は「こども」です。
お食事「さぬきこだわり食材の洋風料理」
お食事 2018年1月6日からのメニュー ※12月24日までのメニューはこちら
さぬきこだわり食材の洋風料理

金刀比羅宮が運営する神椿(かみつばき)の料理長監修「さぬきこだわり食材の洋風料理」は、洋食ならではの技法をこらし、千年ものがたりオリジナル版として製作。厳選した香川県の地元食材を使ったお食事を提供します。

讃岐三畜と旬の地元野菜の洋食プレート

    季節のスープ

    季節の温かいスープ



    冷製料理

  1. 花野菜とタコの海鮮サラダ セルクル仕立て
    オリーブ車海老のポッシェ 新漬けオリーブのクリームソース(善通寺小野農園 スパイスネギオイル使用)
  2. 讃岐牛のローストビーフ アンディーブ グレービーソースのジュレ
    自家製ピクルス三種
  3. スモークサーモンで包んだ三種類のお米マリネ(香川県産コシヒカリ、善通寺ダイシモチ、古代米)
    イクラ添え 温州みかんドレッシング(多度津町のEXVオリーブオイル「蒼のダイヤ」使用)
  4. 讃岐オリーブ豚のリエットのパネ 香草風味
    瀬戸内真鯛 善通寺産葉ネギの風味焼き
    讃岐牛と徳島県産岩豆腐の煮込み
    金時ニンジンと大根の紅白タイタン

  5. 温製料理

  6. 香川県産鶏モモ肉のトマト煮込み
    リモネーズ・ポテト(じゃがいものバターソテー)

  7. お食事後のコーヒー、プチデザート(和三盆クッキーとマドレーヌ)

料金 5,500 円
天候等仕入状況によってはメニューを変更する場合があります。
神椿
株式会社 神椿

豊かな自然に恵まれた金刀比羅宮。その森の中にあるカフェ&レストラン神椿の料理長が、洋食ならではの技法をこらし、厳選した 香川県の地元食材を使ったお食事を提供します。

こだわりの一品
こだわりの一品

おすすめは、温製メニューとしてお召し上がりいただく、香川県産鶏モモ肉のトマト煮込み、そしてリモネーズ・ポテトです。地元素材を神椿仕込みの技法で調理いたしました。

食材へのこだわり
食材へのこだわり

食材は調理長自ら農家へ出向き、土や肥料などについて生産者からじっくり話を聞き、納得のいくものだけを使用しています。時にはオリーブなどの収穫を手伝うこともあります。

「しあわせの郷紀行」列車写真
しあわせの郷紀行

徳島県大歩危駅から香川県多度津駅に向かう上り列車は、赤色が先頭車両の「しあわせの郷紀行」です。

琴平駅は海の神様「金刀比羅宮(ことひらぐう)」の玄関口です。金刀比羅宮は古くから「こんぴらさん」として親しまれてきました。幸福の黄色いお守りと「しあわせさん、こんぴらさん」というキャッチフレーズで有名です。「しあわせの郷紀行」は「しあわせさんこんぴらさん」と象頭山や飯野山など、讃岐の豊かな自然と、心を温かく包んでくれる里山のイメージから名付けました。

大歩危駅を出発するとすぐ左側に国指定天然記念物、名勝と2つの冠をいただく大歩危が見えてきます。妖怪達の見送りに手を振って小歩危峡を眺めながら進むと、日本一の狸の里を目指す阿波川口で地元の方々との交流タイムがあります。事前予約のお客さまには遊山箱に入った味匠藤本料理長の心のこもった日本料理“おとなの遊山箱”をお召し上がりいただきます。地酒で有名な阿波池田を過ぎ、吉野川にかかる鉄橋を渡り終えると、急勾配を上りスイッチバックの駅坪尻に着きます。県境の長いトンネルを抜けるとそこはおだやかな里山の讃岐の国。こんぴらさん、善通寺を超え、讃岐鉄道発祥の地多度津まで約3時間の旅です。

旅程

徳島県大歩危駅から香川県多度津駅の区間を1日1往復運行いたします。乗車は大歩危駅のみ、下車は琴平駅、善通寺駅、多度津駅のみ可能です。

旅程
乗車料金

ご乗車の際は乗車券の他、特急券とグリーン券が必要です。全国のみどりの窓口及び主な旅行会社にてお買い求めください。車内でのお食事をご希望のお客様は、別途「食事予約券」のご購入が必要です。

乗車料金
( )内はこども料金となります。こどもは6歳~12歳未満(ただし、6歳でも小学校入学前は「幼児」、12歳でも小学生は「こども」です。
お食事「おとなの遊山箱」
お食事 2018年1月6日からのメニュー ※12月24日までのメニューはこちら
おとなの遊山箱

日本料理「味匠 藤本」の料理長監修「おとなの遊山箱」は、その昔徳島の子どもたちが野や山に遊びに行く際、お弁当を詰めて持って行った三段の重箱(遊山箱)を千年ものがたりオリジナル版として製作。地元食材にこだわった料理や甘味を詰めてご提供します(遊山箱のお持ち帰りはできません)。

冬日可愛 冬の遊山

    一の重

  • 手まりごはん(徳島県産米) 古代ごはん(弥生紫米) 牛肉ごはん
    穴子あぶり寿し 子きつね寿し 漬物寿し
    金包らっきょう 季節のなま寿(珍味入)

  • 二の重

  • 焼き物・煮物
    鰆西京焼き 牛肉八幡巻き 海老酒塩煮
    鰯つみれ揚げ そば麩みたらし 葱玉子焼き
    田舎野菜煮 季節のお浸し(珍味入)

  • 三の重

  • 季節のデザート
    四季の果物 水物と甘味

  • 椀物

  • 清し汁 節麺(半田素麺)
    魚介と野菜

  • お食事後のコーヒー、季節の和菓子

料金 4,500 円
天候等仕入状況によってはメニューを変更する場合があります。
日本料理 味匠 藤本
日本料理 味匠 藤本

味にこだわる日本料理店だから店名は味匠(みしょう)藤本。そのこだわりの和食を徳島県三好郡で幅広いお客様にご提供しています。京都、大阪で修行を積んだ味覚は妥協を許さず、常に素材の一品一品を吟味しています。

こだわりの一品
こだわりの一品

おすすめは「季節の煮物」です。厳選した昆布、鰹節、煮干しを使い、じっくり引いたダシで調理いたしました。食材の持つ味を大切にしつつ、ダシのうま味をたっぷり含ませた温かみのある味わいをお楽しみください。

食材へのこだわり
食材へのこだわり

お客様に徳島の四季を感じていただきたい、そんな思いから旬の素材にこだわったメニューを考えています。素材の持つ味、香り、色を大切に、焼く、揚げる、煮る、蒸す、最も適した調理方法を研究し続けています。

お問い合わせ先
JR四国 電話案内センター
0570-00-4592
・8:00~20:00 ・年中無休 ・通話料がかかります
食事予約券のお申込み先
JR四国 旅の予約センター
TEL:087-825-1662
FAX:087-825-1664
【平日】10:00~18:00 【土休日】10:00~17:00

四国まんなか千年ものがたり利用の乗車券・特急券・グリーン券は、全国のみどりの窓口及び主な旅行会社にてお買い求めください。