> トップページ > 沿革

沿革

昭和27年 10月
住福燃料株式会社坂出工場で、国鉄蒸気機関車用ピッチ練炭を製造し、国鉄に納入
昭和44年 9月
国鉄ディーゼル化により同工場閉鎖
昭和45年 4月
四国車輌整備株式会社を設立。動力車基地における部外委託の認可を受ける
(資本金、3,000千円 本社 坂出市)
昭和51年 5月
本社を高松市に移転
昭和63年 9月
四国弘済事業株式会社より、車両整備関係の営業譲受
平成5年 4月
徳島ターミナルビル・ショッピングセンターの清掃受託
平成7年 7月
増資(最低資本金500万円→1,000万円)
平成10年 6月
ホテルクレメント宇和島のベッドメイク、清掃受託
平成10年 11月
フレシア・サーパス徳島の清掃受託
平成13年 5月
新高松駅前広場、駅テナントの清掃受託
平成18年 6月
車両検修部を新設
高松運転所の車両検修及び構内入換業務受託
平成18年 7月
社名を「株式会社ジェイアール四国メンテナンス」に改称
平成19年 4月
松山運転所、徳島運転所及び宇和島運転区の車両検修及び構内入換業務受託
平成20年 2月
入明駅・円行寺口駅の清掃受託
平成20年 4月
高知運転所の車両検修及び構内入換業務受託
平成20年 7月
新高知駅前広場の市関連施設及びバスターミナルの清掃受託
平成21年 4月
安全推進室を新設
平成23年 4月
車両清掃体系変更による特別清掃実施
平成24年 4月
列車内乗り込み清掃開始(多度津~伊予西条)
平成25年 4月
列車内乗り込み清掃拡大(児島~高知)
平成26年 7月
観光列車「伊予灘ものがたり」清掃開始
平成29年 4月
観光列車「四国まんなか千年ものがたり」清掃開始
駅管理業務(高松駅管内)の受託開始
ページのトップへ戻る