車両情報

JR四国の松山までの電化区間延伸にあわせ、都市圏・都市間輸送を強化するために開発された車両で、車両性能の向上及び車両保守費の低減を図るため、JR四国で初めてVVVFインバータ制御方式を採用した車両です。ワンマン運転も可能な車両で、主に都市圏の通勤・通学列車として活躍しています。