• English
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • 한국어
文字の大きさ
中
大

JR四国電話案内センター 0570-00-4592 8:00~20:00 年中無休 通話料がかかります

閉じる

お知らせ

四国における鉄道ネットワークのあり方に関する懇談会IIの概要について

「四国における鉄道ネットワークのあり方に関する懇談会II」の概要について
  • ○ 設置趣意
     四国の鉄道が、車社会の進展や高速道路の整備・延伸等により極めて厳しい状況に置かれる中、四国経済連合会の呼びかけにより設置された、「四国における鉄道ネットワークのあり方に関する懇談会」において、平成23年7月、「四国の鉄道ネットワークを維持する」とともに、「鉄道の抜本的な高速化を進める」とする提言が取りまとめられました。
     この提言から約6年が経過しましたが、この間、全国的に地方の鉄道の置かれた状況は一層厳しさを増してきており、全国に先駆けて人口減少の進む四国においても、鉄道事業者の自助努力のみでは現在の鉄道ネットワークを維持することが将来的に困難になることが想定されます。
     そこで、前回の懇談会による提言後の取り組みや、鉄道特性、維持方策等について検証したうえで、四国における鉄道ネットワークのあり方について、幅広く意見交換を行うことを目的に本懇談会を設置しました。

     懇談会委員名簿(PDF 60KB)>>>>

  • ○ 第一回懇談会
  •   1 日時 平成29年8月18日(金) 10:00~11:45
      2 場所 JRホテルクレメント高松 3F飛天
      3 議事次第
       (1)開会(10:00)
       (2)四国旅客鉄道株式会社社長挨拶
       (3)懇談会座長挨拶
       (4)議事
          ①全国的な公共交通の現状と検討状況、四国の鉄道等の現状把握 鉄道の特性と役割の
           検証について[事務局]
          ②意見交換
          ③今後の進め方について
       (5)閉会(11:45)

事務局配付資料(PDF 4.6MB)>>>>
事務局配付資料(別冊)(PDF 880KB)>>>>
議事要旨(PDF 158KB)>>>>


PAGE TOP

JR四国電話案内