旅を楽しむ

delicious meal

土佐にこだわり
こころゆくまで土佐を味わう

自然に恵まれた高知県は
季節を通じて 海の幸 山の幸どちらも豊かな
まさに食材の宝庫

車窓の向こうに伸びやかにひろがる 土佐の自然を背景に
さらに五感を使って
この列車旅を 人生の思い出深いものがたりの
一ページに加えてください

そんなおもいをたいせつに
志国土佐 時代(とき)の夜明けのものがたりが 満を持して
みなさまにお召し上がりいただくスペシャリテは
沿線でとれた地のおいしいものを中心に
高知ならではの食文化や
高知にゆかりのある おもてなしをとりいれ
趣向を凝らした おいしさのものがたり

立志の抄(下り)・ 開花の抄(上り) それぞれ
異なるアプローチで お届けするものがたり列車のお食事

おいしい土佐を こころゆくまでご堪能ください

立志の抄

立志の抄(下り)
「土佐の食材を使った
創作洋風料理
~皿鉢(さわち)風~」

下り・立志の抄でご提供する料理は、高知県土佐市で和食と洋食それぞれの人気店を経営する「株式会社土佐食彩 森澤」、新進気鋭のシェフが腕を振るう創作洋風料理。ひとくちほおばるごとに、シェフの新しい視点での調理に感動を覚えるお食事となっています。

価格 五〇〇〇5,000円(税込)

あふれんばかりの料理に高知らしさを感じられる、立志の抄のお食事。
スタンダードなメニューから一風変わったものまで、隣り合って盛り付けられていながらも
不思議と美味しくいただけるのがシェフの腕の見せどころ。

食材の特性をよく知る地元高知のシェフだからこそ、海の幸と山の幸の味のくみたても実に多彩。
ひとくちほおばるごとに、その食材の新たな可能性が感じられることでしょう。

箸休めのひと品やデザート、バケットにもこだわって。随所にあしらわれた緑が、車窓の景色と相まって心を和ませてくれます。

和食と一緒に召し上がられても違和感を感じない、ていねいな味付けが特長的な洋風の品々。
トマトをはじめとする赤が映えます。

開花の抄

開花の抄(上り)
「高知家満喫
“土佐流のおもてなし”コース」

上り・開花の抄のお料理はその名も「高知家満喫“土佐流のおもてなし”コース」。

これまでのものがたり列車と異なり、沿線の主要駅から地域の自慢の逸品を提供します。高知県の海・山・川の素材を用いた料理などが、ストーリー性のあるお食事となっています。

また、高知らしさは食材のみにとどまりません。開花の抄の容器は、高知の山が育んだ四万十ヒノキを使ったもの。

土佐の食材をふんだんに使ったメニューに、目にも優しい木の風合いも相まって、列車旅での豊かな食の思い出を紡ぎます。

価格 五〇〇〇5,000円(税込)

「高知家満喫“土佐流のおもてなし”コース」は沿線地域らしさがつまったコースでのお届けです。
食後のデザートやコーヒー、お茶にいたるまで、ものがたり列車の道程とリンクさせたこだわりのお食事をお楽しみください。

四万十町(窪川駅~土佐久礼駅)から提供されるのは、「四万十町の幸(山・川・畑)を中心とした料理」。
四万十町の四季の味わいに舌鼓をうちながら、こころおどる列車の旅をお楽しみください。

中土佐町(窪川駅~土佐久礼駅)に到着したものがたり列車では「久礼の港で揚がった新鮮魚介を中心とした料理」をご提供いたします。
漁師町・久礼といえば、鰹をはじめとする魚介類。
おいしい魚を召し上がりながら、土佐の皿鉢(さわち)料理を彷彿とさせる、さまざまな料理に自然とお箸がのびることでしょう。

日高村(佐川駅又は日下駅)からは「日高村厳選の季節のデザート」でコースの仕上げのデザートを。
そして、お隣、佐川町出身の水野龍(りょう)氏創業、銀座カフェーパウリスタのコーヒー、もしくはさかわ茶をご堪能ください。
甘さとほろ苦さのアンサンブルに、旅の思い出が深まります。